コールバック設定
  • 05 Jan 2023
  • 1 分
  • Dark
    Light

コールバック設定

  • Dark
    Light

コールバック設定

デバイスよりイベントはリアルタイムにTenjinに送られます。イベントコールバックはリアルタイムにベントをアドネットワークに送信するのに使われます。Tenjinコールバックを使うと、他ネットワークのSDKを新たに実装する必要なく、インストールイベントをネットワーク側に通知することが可能となります。


インストールコールバック

詳細を読む

TTenjinはインストール発生時にネットワークにそのイベントを通知します。これはアトリビューションのプロセスのステップ10に該当します。

特定のネットワークのインストールコールバックを追加するには、下記ステップが実施済みであることを確認してください。

  1. アプリの追加
  2. イベントの送信
  3. アドネットワークの追加

次に、アプリ画面でコールバックを追加します。下記はTenjinのiOSデモアプリでApplovinのコールバックを追加する場合の具体例になりますが、他ネットワークでも同様の手順となります。

  1. CONFIGURE -> Apps画面上で、+ New Callbackをクリックします。

    image.png

  2. 追加したいネットワークでフィルターをします。この例では、Applovinとなります。

    image.png

  3. Applovin install callbackを選択します。
    image.png

  4. 右側の手順に従って、コールバックを追加します。この例では、Applovinの管理画面よりSDKキーを取得して追加します。

    image.png

  5. Save Callbackをクリックします。

これにより、ユーザがApplovinのキャンペーンにアトリビュートされた際、インストールのイベントが自動的にApplovin側に通知されます。


カスタムイベントコールバック

詳細を読む

アプリデベロッパーはインストールイベントだけでなく、あらゆるアプリ内イベントをネットワーク側に通知することができます。これらのイベントを使って、キャンペーンの最適化が可能となります。これらのイベントには、課金イベントやアプリ内の特定のマイルストーンイベントが含まれます。

カスタムイベントコールバックを追加するには、下記ステップが実施済みであることを確認してください。

  1. アプリの追加
  2. カスタムイベントの送信
  3. アドネットワークの追加

次に、アプリ画面でコールバックを追加します。下記はTenjinのiOSデモアプリでApplovinのコールバックを追加する場合の具体例になりますが、他ネットワークでも同様の手順となります。

  1. CONFIGURE -> Apps画面上で、+ New Callbackをクリックします。

    image.png

  2. 追加したいネットワークでフィルターをします。この例では、Applovinとなります。

    image.png

  3. 送信したいカスタムイベントのコールバックを選択します。下記では課金イベント(IAP)とカスタムイベントが選択可能です。

    image.png

  4. 右側の手順に従って、コールバックを追加します。この例では、Applovinの管理画面よりSDKキーを取得して追加します。SDKキーは一度同一アプリで設定していれば自動的に補完されます。

    image.png

  5. ドロップダウンリストより該当のカスタムイベントを選択します。

    image.png

  6. Save Callbackをクリックします。

これにより、カスタムイベント発生時にApplovinに通知されます。

SDK側でカスタムイベントを実装後、コールバック画面に反映されるまで最大で48時間時間がかかることがあります。


カスタムコールバック

詳細を読む

アプリ開発者は、自社サーバーまたはTenjinと連携していないネットワークにカスタムでコールバックを送信できます。これにより、開発者はこれらのユーザーレベルの属性データをリアルタイムで収集して分析できます。以下は、Tenjinのカスタムコールバックを使用した使用例です。

  • 内製のデータ分析ツールがある場合、カスタム コールバックを使用すると、デバイス レベルごとに属性データをゲーム内データに関連付けることができます。

  • ユーザーのアトリビューションソースに応じて、さまざまなアプリコンテンツを表示します。たとえば、ユーザーAがオーガニックに関連付けられ、ユーザーBが Facebookに関連付けられているとします。ユーザー Bの方がアプリに関心を持っている可能性が高いため、ユーザーがアプリをインストールした後に特別なゲーム内オファーを表示することができます。

Tenjinの定義済みマクロを用いたさまざまなパラメーターを使用して、任意のエンドポイントURL を設定できる柔軟な構成です。

より具体的な使用例について相談をご希望の場合は、Tenjinのサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

注: カスタムコールバックは有償の機能です。興味がある場合は、Tenjinアカウント マネージャーまでお問い合わせください。


広告収益コールバック

詳細を読む

Tenjinは、広告がユーザーに表示されるたびに、インプレッションレベルの収益データ(ILRD)に対応するイベントを広告ネットワークに通知できます。下記のメディエーションプロバイダーに対応しています。

  • Applovin
  • Unity LevelPlay
  • Hyperbid
  • AdMob
  • Topon

また、次のネットワークにデータを送信することが可能です。

  • IronSource
  • Unity
  • Facebook
  • Liftoff
  • TikTok
  • ironSource Aura
  • Mintegral
  • Adjoe

デフォルトでは、このデータは収集されません。 SDKをインプレッションレベルの収益データを処理できるバージョンに更新する必要があります。当機能は有料ですので、SDKのドキュメントについてはTenjinアカウントマネージャーにお問い合わせください。サポートされているSDKバージョンが実装完了後、Tenjinダッシュボードでコールバックを設定できるようになります。


コールバックステータスのチェック

詳細を読む

コールバックの設定後、コールバックのステータスを確認することができます。

  1. コールバックの設定ページ上で、直近1時間と直近1日(24時間)のそれぞれでコールバックの成功率を確認できます。また、直近の成功したコールバックのログを表示しています。

    image.png

  2. また、コールバックでエラーが発生した場合にも下記の通りログを表示しています。通常コールバックでエラーがあった場合、数回リトライを試みますが、短期間に多くのエラーが発生している場合は、該当のネットワークまたはTenjinのサポートにご連絡ください。

    image.png



この記事は役に立ちましたか?