SKAdnetworkの概要について

SKAdNetworkはiOS14用にアップルによって導入された新しいアトリビューションの手法です。公式のドキュメントはこちらです。SKAdnetworkを使うと、各クリックイベントにシグネチャーが付与されます。ユーザがアプリを初めて起動した際に、Appleはそのユーザが特定の広告に紐付いているかをそのシグネチャーを使って検証します。 その後、インストールのアトリビューション用にポストバックがネットワーク側に送信されます。SKAdnetworkを導入するためには、下記の2つのメソッドをSDK側でコールする必要があります。 TenjinではiOSUnityのSDKでこれら2つのメソッドを実装しています。

  • registerAppForAdNetworkAttribution(): このメソッドはアプリの初回起動時に、ユーザをアトリビューション登録するためにコールされます。ユーザが特定の広告から来ている場合、ネットワークにインストールを通知するためにポストバックが送信されます。
  • updateConversionValue(_:):このメソッドは各ユーザに対し、コンバージョンバリューををアップデートする際に毎回コールされます。このメソッドは何度コールしても構いませんが、前回の値より大きい値の場合のみにアップデートされます。

また、各ネットワークがSKAdnetworkに対応しているかについては、ネットワーク側にお問い合わせください。

コンバージョンバリュー

コンバージョンバリューは、各ユーザに対して割り当てる0から63までの整数値です。各ユーザを具体的に特定することなく、そのユーザがどれくらいの価値かを示す指標となるものです。この値をアドネットワーク側に送信することにより、広告の最適化をする手助けをします。下記がコンバージョンバリューについての重要な特徴です:

  • コンバージョンバリューは前回の値より大きい場合にのみアップデートされます。(1から2にはアップデートできるが、3から2にはアップデートできない)
  • 0から63までの整数値
  • コンバージョンバリューはユーザのライフタイムのどの範囲でも測定することが可能ですが、期間を長くすればするほど、ネットワークがAppleからポストバックを受け取るのが遅くなります。従って、Tenjinではインストールしてから24時間以内に測定を行うことを推奨いています。
  • コンバージョンバリューは、Appleのプライバシースレッショルド)によると、特定のパブリッシャーから一定数以上のインストールが発生した場合にのみ表示されます。

Tenjinでは、特定のユーザのイベントに対して任意のコンバージョンバリューを割り当てられるよう柔軟な対応を行っております。弊社のカスタマーサクセスチームは、お客様のアプリごとに最適な実装をご提案させていただくことが可能ですが、特に広告収益モデルのアプリに対しては、下記の方法を推奨しております。

1. 広告収益をコンバージョンバリューに割当

  • 過去データを用いて、インストール後24時間以内の累積の広告収益と、コンバージョンバリューの値とのマッピングを作成します。
  • SDKにおいて、累積の広告収益の値を計算し、コンバージョンバリューの値を対応させます。
  • Tenjin SDKのupdateConversionValue(_:)のメソッドを用いて、インストール後24時間以内に発生した広告インプレッションの都度、対応するコンバージョンバリューの値をApple及びTenjinに送信します。

    : 広告収益とコンバージョンバリューのマッピングは時間とともに変化する可能性があり、その際アプリの変更が発生します。また、お使いのメディエーションSDKにおいてインプレッションレベル収益データ(ILRD)を実装する必要がありますが、 現状ですとMoPubironSourceがこの機能を提供しています。

2. 広告インプレッション数をコンバージョンバリューに割当

  • 過去データを用いて、インストール後24時間以内の累積広告インプレッション数とコンバージョンバリューの値のマッピングを作成します。
  • SDKにおいて、累積の広告インプレッション数を計算し、コンバージョンバリューの値を対応させます。
  • Tenjin SDKのupdateConversionValue(_:)のメソッドを用いて、インストール後24時間以内に発生した広告インプレッションの都度、対応するコンバージョンバリューの値をApple及びTenjinに送信します。

    : 広告インプレッション数とコンバージョンバリューのマッピングは時間とともに変化する可能性があり、その際アプリの変更が発生します。

3. セッション数をコンバージョンバリューに割当

  • インストール後24時間以内の累積セッション数を計算します。
  • Tenjin SDKのupdateConversionValue(_:)のメソッドを用いて、インストール後24時間以内に発生したセッションの都度、対応するコンバージョンバリューの値をApple及びTenjinに送信します。

また、下記は弊社のクライアントのコンバージョンバリューの実装例です。

SKAdnetworkポストバックタイマー

Appleからアドネットワークに送信されるポストバックにおいては、2種類のタイマーが存在します:

  • 24時間タイマー: 複数回リセットされ、タイマーの間隔は24時間固定。
  • ランダムタイマー: 一度スタートするとリセット不可。タイマーの間隔は0から24時間の間でランダム。

registerAppForAdNetworkAttribution()のメソッドをコールすると、24時間タイマーが起動します。その後、updateConversionValue(_:)のメソッドをコールするたびに、24時間タイマーがリセットされ、再起動します。 24時間タイマーの有効期限が切れるまでにupdateConversionValue(_:)をコールしなかった場合、ランダムタイマーが起動します。一度ランダムタイマーが起動すると、再度コンバージョンバリューをアップデートすることはできません。 ランダムタイマーが終了後、ポストバックがネットワーク側に送信されます。ポストバックにはコンバージョンバリューの値(特定のユーザに対して設定された最新の値)が含まれます。

ご質問がございましたら、support@tenjin.comまでお気軽にお問い合わせください。

results matching ""

    No results matching ""