Google Ads
  • 03 Jul 2024
  • 1 分
  • Dark
    Light

Google Ads

  • Dark
    Light

記事の要約

TenjinはGoogle Adsと連携済みで、UACキャンペーンにより獲得したユーザのアトリビューションが自動的に行われます。

  1. Google Ads管理画面上で、リンクIDを生成します。

    1. 管理画面左下の管理者アイコンをクリックします。

    2. 「リンクされたアカウント」をクリックします。 (注: このオプションが表示されない場合は、画面左下のツール-->データマネージャー--> 第三者のアプリ分析をクリックしてください)

    3. 第三者のアプリ分析で、詳細をクリックします。これまでにアプリ分析プロバイダーをリンクしたことがない場合は、リンクIDを作成をクリックします。すでにアプリ分析プロバイダーがGoogle広告アカウントにリンクされており、そこにTenjinを追加したい場合は、プラス(+) ボタンをクリックして新しいプロバイダーまたはアプリをリンクします。

      image.png

    4. App analytics providerの箇所でTenjinを選択します。Tenjinが表示されていない場合は、Other providerを選択し, 8670853329を入力します。

    5. 該当アプリのプラットフォームを選択します。

    6. 該当のアプリ名を検索します。

    7. CREATE LINK IDをクリックして、リンクIDを作成します。 当ステップでエラーが発生した場合、リンクIDの作成権限がない場合があるので御社のGoogle Adsのアカウントマネージャーにご確認ください。.

    8. コピーボタンをクリックして、Link IDをコピーします。

    9. 完了をクリックします。下記ステップ2でコンバージョンデータがGoogle AdsにインポートされるまでステータスはUnverifiedと表示されます。

  2. 1で作成したLink IDをTenjin管理画面に入力します。

    1. Appsタブ上で、該当のアプリを選択します。

    2. + NEW CALLBACKをクリックします。

    3. テンプレートよりGoogle Ads installを検索します。
      image.png

    4. Link IDを入力し、Save Callbackをクリックします。
      image.png

    5. コールバックがアクティブとなります。(注:Google Ads側でコールバックが有効になるまで通常2時間ほどかかります。それまでは、多少の差異が見られる場合があります。)

    6. 次に、+ NEW CALLBACKよりGoogle Ads Post installをクリックし、先程と同様のLink IDを入力します。

      image.png

  3. 重要! - コンバージョンデータをGoogle Ads側にインポートします。Google Ads側の処理に時間がかかるため、2のステップが完了後、約30分後でインポートが可能となります。

    1. Google Ads管理画面上で、ツールと設定をクリックします。
    2. 測定セクションで, コンバージョンをクリックします。
    3. プラスボタンをクリックし、新しいコンバージョンアクションを作成します。
    4. コンバージョンタイプでアプリを選択します。

    image.png

    1. 第三者のアプリ分析オプションを選択します。

    image.png

    1. Tenjinのアナリティクスイベントを選択します。(注: イベントが表示されない場合は、数時間後にGoogle Adsの設定ページを確認してください。 LinkIDが作成された後、イベントのインポートには通常数時間かかります)

    2. インポートして続行をクリックしします。

    3. キャンペーン作成のプロセスのBiddingのセクションで、作成したコンバージョンイベントを設定してください。

    image.png

  4. 入札の最適化に Firebaseコンバージョン イベントを使用する場合は、以下のスクリーンショットでFirebase コンバージョンイベントをプライマリアクションとして選択し、先ほど設定した Tenjinコンバージョンイベントをセカンダリアクションとして選択してください。

    image.png

Androidの場合、Tenjinは、Google AdvertisingcIDの追跡をオプトアウトしているAndroid 12以降のユーザーに対して、gclidというパラメータをGoogle広告に自動的に送信します。 gclidはAndroidリファラーを介して渡されるユニークなパラメーターであり、Google広告はそれを使用してAndroidオプトアウトユーザーをトラッキングします。

注: Firebaseを主要なコンバージョンイベントとして設定すると、Tracked InstallsとReported Installsの差異が大きくなる可能性があります。

注: 場合によっては、ステップ 2では、「Linked Accounts」ではなく「Data Manager」セクションが表示されることがあります。操作手順は同じです。


Google Ads管理画面でアプリ内コンバージョンを設定する方法(オプション)

詳細を読む
  1. Tenjin上でのコールバック設定
    Tenjinダッシュボードで、Apps → (アプリを選択) → + NEW CALLBACK に移動し、Google Ads Custom Eventコールバックを設定します。

  2. Google Ads管理画面でコンバージョンイベントを設定するには

    1. Google Ads管理画面上で、ツールと設定をクリックします。
    2. 測定セクションで, コンバージョンをクリックします。
    3. プラスボタンをクリックし、新しいコンバージョンアクションを作成します。

image.png

ステップ1でGoogle Adsのカスタムコールバックを設定すると、リストにイベントが表示されるので、インポートするだけです。

image.png

  • コンバージョンウィンドウ
    デフォルトは90日です。これにより、Google広告でアプリ内イベントを追跡する期間が決定されます。たとえば、購入イベントが5/1に発生し、Googleがユーザーのクリックイベントを1/1に確認した場合、購入イベントはカウントされません。しかし、Googleは3/1にクリックを計測しているので、購入イベントがカウントされます。


この記事は役に立ちましたか?